北風と偏西風

ウユニ湖には死ぬまでに行きたい今日この頃。 音楽・漫画・小説・映画・将棋・(妄想)旅行など。 将棋は振り飛車党になりたかったが、捌けないので右四間飛車を愛用中。 ※本ブログは気象情報をお伝えするブログでないです。紛らわしくてスミマセン。

『トラッシュ!-この街が輝く日まで-』3

《あらすじ》
ブラジル、リオデジャネイロ郊外。
ゴミを拾って生活している3人の少年は、ある日ゴミ山の中でひとつのサイフを拾う。そのサイフには世界を震撼させる重大な秘密が隠されていた。警察はサイフの大捜索を開始し、街は大混乱に陥ってしまう。しかし少年たちは自らの信じる“正しい道"を進むべく、サイフに隠された謎を解き明かす決心をする─―。

ブラジルが舞台の作品なので、本当はリオ五輪の開催時期に借りて観ようと思っていた作品ですが、近所ツタヤでは見つけることが出来ませんでした。

そして先日サスペンスのコーナーを物色していると偶然発見!

いや、これサスペンスじゃないでしょ・・
サスペンス要素はなくはないがドラマとかヒューマンものに位置すると思います。

テーマはブラジルの貧困と政治の腐敗。
主人公はスラムで暮らす少年。
ひょんな事がきっかけてある重大な事件に巻き込まれます。


ゴミ山を漁る人々やスラム街の様子。
なかなかリアルに描かれて作品にグイグイ惹きこまれました。

結果としては観て損はない作品と思いましたが、
言いたいことは無くはないといった所が正直な感想。

まず、スラムの子どもたちが頭良すぎる点が挙げられるでしょう。

ほとんど教養のないスラムの少年が暗号をスラスラ解いていきます。
『スラムドックミリオネア』みたいに理由付けが、作中で行われていれば良かったのですがそれもなし。
謎の知能の高さに驚かされます。

次に墓で隠れていた女の子はずっとそこにいたのか問題があります。
父親の死後そこに隠れていたとすると随分時間が経ってしまうが服も汚れていませんでした。
ボーイミーツガール要素を終盤ぶっ込んだ感じがどうしても否めませんでした。

そして何と言っても、この映画はハッピーエンドで無理やり終わる点。
少年たちの勇気によって政治の腐敗に終止符が打たれ、
少年たちは得た大金をスラムの住人に富を分配しつつ、スラムを脱します。
そして静かな漁村で幸せに暮らしてメデタシメデタシというのが本作のラスト・・


んな訳あるかい!!




リアルなら、悪役を躊躇せず銃で殺してムショ送りで人生のエンディングですよ。

いや、それ以前に(以下略)・・・・


細かい話は置いといて希望のある話に変わりはないです。

平然と無賃乗車する姿。
大人たちを出し抜く姿。

そりゃブラジルサッカー強いわと思いました。




トラッシュ!-この街が輝く日まで- [Blu-ray]
マーティン・シーン
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
2015-12-02







映画(全般) ブログランキングへ
 

プロ棋士が将棋ソフトに屈した日

限りなく黒に近いグレーそんな感じです。

スマホの将棋ソフト使い不正か 三浦九段「ぬれぎぬ」

日本将棋連盟は12日、15日に開幕する第29期竜王戦七番勝負(読売新聞社主催)で、挑戦者の三浦弘行九段(42)が出場しないことになったと発表した。対局中、スマートフォンなどに搭載の将棋ソフトを使って不正をした疑いもあるとして、説明を求めたという。連盟は、期日までに休場届が出されなかったため、12月31日まで公式戦の出場停止処分とした。
大平五段が言うように黒なら引退、白ならどうすんだろうか・・


陣屋事件以来の将棋界の大事件でしょう。

三段リーグの奨励会員なら 喉から手が出るほどの勝ちを得るために、
その禁断の果実をかじることはあり得なくもない気がするが、(持ち時間的に厳しいか、、、)

三浦九段は現役バリバリ。
名人戦も経験したことのあるA級トップ棋士。
しかも友人の結婚式に詰将棋を解いているほどの将棋バカ。

そんな実力あるプロ棋士がソフトを使用したとなると、これはプロ棋士がソフトに屈したと同等。

私の尊敬する棋士たちの尊厳を踏みにじる行為は万死に値する。

連盟サイドも確信があってのことなのでしょうが、
本人が否定している以上、これ以上の進展はないでしょう。


最年少プロ棋士誕生や、3月のライオンのアニメ化
聖の青春の映画化など将棋界にとって明るい話題が多い中、
暗く陰鬱な事件として歴史に名を残す事が残念で仕方がない。



日記・雑談 ブログランキングへ


 

『ハドソン川の奇跡』:面白かったけど・・・4

シンゴジラ以来の劇場鑑賞です。

クリント・イーストウッド監督作品で主演はトムハンクスです。
期待を持たざるを得ません。

《あらすじ》
名匠クリント・イーストウッド監督がトム・ハンクスを主演に迎え、2009年のアメリカ・ニューヨークで起こり、奇跡的な生還劇として世界に広く報道された航空機事故を、当事者であるチェズレイ・サレンバーガー機長の手記「機長、究極の決断 『ハドソン川』の奇跡」をもとに映画化。09年1月15日、乗客乗員155人を乗せた航空機がマンハッタンの上空850メートルでコントロールを失う。機長のチェズレイ・“サリー”・サレンバーガーは必死に機体を制御し、ハドソン川に着水させることに成功。その後も浸水する機体から乗客の誘導を指揮し、全員が事故から生還する。サリー機長は一躍、国民的英雄として称賛されるが、その判断が正しかったのか、国家運輸安全委員会の厳しい追及が行われる。





うーん、、、
終盤それなりにカタルシスがありましたが、

国歌安全運輸委員会アホすぎませんかねぇ・・・





【以下ネタバレあり】

 続きを読む
プロフィール

westerliesman

ギャラリー
  • 『ハドソン川の奇跡』:面白かったけど・・・
  • 『ラーメン大好き小泉さん 1〜3巻』
  • 『恋は雨上がりのように 5巻』
  • 式場見学に行きました(その2)
  • 式場見学に行きました(その2)
  • 式場見学に行きました(その2)
  • 式場見学に行きました(その1)
  • 式場見学に行きました(その1)
  • 式場見学に行きました(その1)
記事検索
Ranking